• oyadentalclinic

講演『COVID-19の知見とオーラルヘルスとの関わり』


先日、東京歯科大学同窓会 東海支部連合会が開催され、ドクター2人は東京歯科大学の

卒業生ですので一緒に参加してきました。


記念講演は、テレビでも多方面でご活躍されている市川総合病院呼吸器内科・内科学教授の寺嶋毅先生より『COVID-19の知見とオーラルヘルスとの関わり』の演題で講演をしていただきました。


COVID-19はオミクロン株になり重症化率は低下してきましたが、高齢書では誤嚥性肺炎の合併が多く、口腔ケアの重要性が強調されています。


コロナの重症化因子として、慢性肺疾患、糖尿病、高血圧、慢性腎疾患など上げられ、興味深いことに、歯周病との関連が報告されている疾患と共通しています。


大学の研究や世界各国の論文から、オーラルヘルスを良好に保つことはコロナの感染予防に寄与することが期待されるとのことです。


自験や最新の知見を紹介していただき、オーラルヘルスとの関わりについても分かりやすく教えていただきました。


コロナの感染予防・重症化を防ぐためには、日々の歯みがきなどのご自身での口腔ケア、そして歯医者での定期検診やクリーニングなどのメンテナンスをすることが大切になります。


大矢歯科医院では、予防歯科の大切さを地域の皆さまに理解していただけるよう、これからもより一層取り組んでまいります。

閲覧数:9回0件のコメント