歯周病

クローズアップトマト

歯周病とはどんな病気?

歯周病は、歯の表面に歯垢(プラーク)がつくことで、歯ぐきに細菌が繁殖して炎症をおこし、歯を支えている骨(歯槽骨)が侵される病気です。

成人の80%以上が歯周病に罹患していると言われています。

初期にはあまり自覚症状がなく進行していきます。歯周病が進むと、歯の周りの組織が破壊され、

歯が支えきれなくなり、歯が抜け落ちていまします。

中高年では歯を失う一番の原因です。

スクリーンショット 2020-09-20 15.44.50.png
スクリーンショット 2020-09-20 15.49.32.png

歯周病の進行状態と症状

スクリーンショット 2020-09-20 15.44.14.png

治療法

徹底的に細菌を取り去ります

  • 自分で行うプラークコントロール(毎日の歯磨き)で歯ぐきから上の細菌を取ります。

  歯ブラシやデンタルフロス、歯間ブラシを用いた歯みがき指導。

  • 歯科医院でのプラークコントロール(専門家が行う)で歯ぐきから下の細菌を取ります。

  専門的な器具による細菌・歯石取り。

  • フラップ手術(中等度〜重度の歯周病に適応)

スクリーンショット 2020-10-08 0.14.33.png

日常の生活習慣を見直します

歯周病は細菌による感染症ですので、免疫が低下することで発症・進行しやすくなります。次のことに覚えがある方は、歯周病にかかるリスクが高いと言えるため、改善が必要です。

  • 喫煙習慣がある  (タバコの煙に含まれる有害物質が、歯茎の毛細血管の血流量を下げて免疫力を低下させます)

  • 生活が不規則  (睡眠不足や不規則な生活も免疫力を下げます)

  • ストレスが多い (肉体的・精神的ストレスは、とても免疫力に影響します)