むし歯​治療

ギリシャのパラダイス

むし歯はなぜおこる?

むし歯は『歯質』『食物』『細菌』の3つの要因が重なった状態のまま

『時間』が経つと次第に進行していきます。

スクリーンショット 2020-09-20 15.25.52.png

食事、間食によるプラークphの変動

飲食をすると、プラーク中のph(ペーハー)は酸性に傾き『脱灰』がはじまりますが、しばらくすると唾液の働きにより『再石灰化』されます。

間食の回数が多い食生活では脱灰の時間が長く、再石灰化の時間が短くなり、むし歯の危険性が増大します。

むし歯ができやすいところ

  • 歯と噛み合わせ面の溝

  • 歯と歯の間

  • 歯と歯肉が接する部分

スクリーンショット 2020-09-20 15.26.39.png
スクリーンショット 2020-09-20 15.26.22.png

むし歯​の進行状態と治療法

スクリーンショット 2020-09-20 12.26.09.png
  • C0:ごく初期のむし歯

歯の表面のエナメル質が、むし歯の出す酸によってごくわずかに溶かされている『脱灰』が起きています。白濁した部分が現れますが、まだ痛みはありません。

適切なブラッシングとフッ素塗布・MIペースト塗布で『再石灰化』を促すことで、治癒が期待できる段階です。

スクリーンショット 2020-09-20 12.32.10.png
  • C1:エナメル質のむし歯

エナメル質が更に溶かされ、黒ずみが現れます。この段階でもまだ痛みは現れません。

むし歯菌で冒された歯質を削り、白いプラスチックの素材で詰めます。

スクリーンショット 2020-09-20 12.37.33.png
  • C2:象牙質のむし歯

エナメル質の内側にある象牙質まで進行したむし歯です。冷たいものや甘いものを口にすると、痛みを感じます。

むし歯菌に冒された歯質を削り、強度のある素材で補います。

スクリーンショット 2020-09-20 12.43.08.png
  • C3:神経に達したむし歯

歯の内側にある神経まで達したむし歯です。何もしなくてもズキズキと激しい痛みがあります。

むし歯菌で冒されて炎症を起こしている神経を取り除く、根管治療を行います。

その後被せ物を装着します。

スクリーンショット 2020-09-20 12.41.35.png
  • C4:歯根に達したむし歯

歯冠部分がほとんど溶けてなくなり、歯根まで達したむし歯です。神経が死んで痛みがなくなりますが、放置すると歯根の先端に膿が溜まり、再び激しく痛みます。ここまで悪化した歯は残すことは難しく、最悪抜歯になる可能性があります。

抜歯後は入れ歯やブリッジ、インプラントによって機能を回復させます。

むし歯​にならない予防対策

歯を守る力

  • フッ素塗布

  • MIペースト

  • 唾液分泌促進

むし歯菌の量

  • 毎日の歯みがき

  • クリーニング

  • キシリトール

食生活習慣

  • 規則正しい食事

  • おやつの習慣の見直し

  • 糖分摂取のコントロール

スクリーンショット 2020-09-20 13.18.20.png